HOME » [連載コラム]大阪で収益物件の事情を探る » Vol.5 失敗事例から学ぼう

Vol.5 失敗事例から学ぼう

不動産投資において損をした失敗例を紹介。リスクを回避するために、投資家が気をつける点、管理会社との付き合い方などをまとめました。

不動産投資のよくある失敗例とは

不動産投資で失敗を避けるために、代表的な失敗例を挙げてみました。

失敗例(1)入居者が決まらずキャッシュフローができない

不動産投資のよくある失敗例とは駅から近い好立地の築浅物件だったにもかかわらず、入居者がスグ退去してしまう場合があります。

この時、次の入居者が決まるまで空室リスクが発生し、家賃収入が滞ってしまいます。また、入居者が退居する度にリフォーム費用がかさんでしまい、予想外の出費にキャッシュフローがまわらなくなるといった事態も。

条件の良い物件だからと、業者から勧められるままに空室保証ではなく一般管理だけにしている方は要注意!

この例では、オーナーが精神的に参ってしまい、改めて空室保証を不動産投資会社に相談しようとしたところ、その業者がすでになくなってしまったというダブルパンチを受けてしまいました。

失敗例(2)目先の利回りにとらわれ過ぎてしまった

とにかく利回り重視で物件を探している人も注意が必要です。不動産投資物件には表面利回り実質利回りのふたつがあります。

よく提示されている利回りは表面利回りの場合が多く、実際の収益と異なります。

目先の利回りばかりでなく、購入しようとする物件の状態や賃貸需要状況もしっかりと確認しないと、将来的に家賃を下げても借り手がつかなかったり、売却するにしても買い手がみつからないこともあります。

失敗例(3)フルローンで購入したため自己資金がショート

頭金なし、全額借り入れで不動産を購入した場合は、家賃収入というキャッシュフローで、将来的にきちっと借入金を返済し続けていけるのかどうかをよく考えてみてください。

資産として不動産を持っていても、その実態は負債として借金を抱えている状況を理解しておかなければなりません。

キャッシュフローができているウチは良いのですが、家賃収入が目減りしたり、空室が増えれば、その都度持ち出し資金(借金返済)が多くなり、やがては自己資金が底をついて破綻してしまいます。

失敗例(4)不動産投資会社が突然行方不明に

物件選びも大事ですが、その前に購入先の不動産投資会社の信頼性はしっかりとチェックするべきです。

中古のワンルームマンションを不動産投資会社の営業マンから熱心に勧められて購入した人が、入居者が退去してしまったので業者に連絡をしてみたところ、電話が使われていなかったなんていう話もありました。

失敗例(5)オーナーチェンジ商法に引っかかってしまった。

この詐欺の仕組みは、悪徳不動産仲介業者が室内が荒れ放題になった中古マンションを格安で購入し、相場の5割増しくらいで賃貸契約された物件をオーナーに販売します。

この借り主が曲者。本来悪徳不動産業者がでっち上げた架空の人物で、物件購入後数ヶ月たって突然退居してしまいます。

この時初めてオーナーが荒れ放題の部屋をみて、物件の本来の価値と高額なリフォーム代金の請求に驚くというわけです。

失敗例から学ぶべきは良質なパートナー選びということ

不動産投資のよくある失敗例とはこうして挙げた失敗例の他にも、不動産投資には数多くのリスクがあるのも事実です。ただその分だけ、メリットも大きいのも事実。ここが投資の素人ではなかなかわかりかねるところでもあります。

リスクを回避して成功を収めるには、やはり信頼できる不動産投資会社をパートナーに選ぶことが、不動産投資・アパート・マンション経営を成功させる1番の近道となるでしょう。

また不動産投資会社が、管理会社を持っていたり、自社で一貫して管理業務を行なっているところは、総じて信頼性があるでしょう。

サイト更新履歴&ニュース